医師免許を取得するための国家試験(特定の資格がないとできない業務があったり、資格を持っている人だけができる業務もあります)に、医師国家試験があります。この試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)に合格すると、晴れて医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)として従事出来るようになるわけですが、この医師国家試験を受ける為には受験資格と言うものがあり、誰でも試験を受ける事は出来ません。厚生労働大臣が、適当と認定した者だけが医師国家試験を受ける事ができるようになっているのです。その為、医師国家試験の受験資格を得る為の試験も用意されています。それが、この「医師国家試験予備試験」と言う資格なのです。外国の医学校を卒業した人、または、外国において医師免許を得た人の中には、日本で医師国家試験を受検する為に医師国家試験予備試験に合格する必要があることもあるそうです。また、必ずしも外国の医学校を卒業した外国人ばかりを対象としているものでもなく、日本人が外国の医学校を卒業した場合など、個々に厚生労働大臣(厚生労働省を所管する国務大臣で、2001年1月に実施された中央省庁再編によって設置されました)が判断しているようです。医師国家試験(一般的には難しいことが多いでしょう)予備試験の合格率(受験者に対する合格者の割合ですよね。受験する時の目安にされます)は1割程度と言われていて、とても低くなっていますが、もちろん、この試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)に合格したからと言って医師の資格が得られる訳ではありません。単純に、日本の医師国家試験(運転免許試験や高等学校卒業程度認定試験なども、国家試験になります)の受検資格を得られるだけですからす。医師国家試験予備試験に合格し、次に、本試験の医師国家試験にも合格すると、大学病院などの医療機関に就職(一般的には、正社員として職業を得ることをいいます)する事が出来ます。医師として患者の診察や投薬など、医療の全てを取り仕切る事が出来ますので、独立して一人で医療法人を設立する事も可能となりますー